オフィスとプライベートのファッション

>

オフィス受けするコーディネートとは

オフィスカジュアルの存在

これまでのオフィスでのファッションは、常にきっちりとしたスーツを着ていないといけなかったりと、かなりお固めな感じでした。

ですが、最近ではその風向きが変わりつつあるのです。
おそらく雑誌などで一度は目にしたことがあるかもしれませんね。
そのファッションは、オフィスカジュアルという言葉で表現されており、以前よりかはフランクなイメージを受けますね。
そしてその言葉でもわかるように、オフィス用のファッションも自由がきくようになっていきました。
時代は変わったのですね。

だからと言って、派手なファッションは控えるようにして、例えばシャツは必ず着用するなどのボーダーラインは設けておき、他の会社の人に会っても恥ずかしくないファッションをしておきましょう。

スカートやパンツ類は

オフィスカジュアルの特徴として、ボトムスもある程度の自由が通用するようになっています。
ですが、その際もある程度の線引きは必要です。

例えばもし、スカートやワンピースをオフィスに着用するのであれば、黒や紺などの地味な配色であり、尚且つあまり模様や柄がないものにしておきましょう。
間違っても花柄とかの目立つものは着て行くのは避けましょう。

これは、パンツ類にしても同様です。
なるべくシンプルなデザインのものを選ぶようにしていきましょう。

いくらオフィスカジュアルの影響で、ファッションに寛大なオフィスが増えたと言いましても、オフィスは何をしに行く場所なのでしょうか。
あくまでも仕事をしに行く場所なのだというのをお忘れなく。


この記事をシェアする