オフィスとプライベートのコーディネートを使い分ける

オフィスとプライベートのファッション

オフィスとプライベートでは、ファッションを区別しよう

ではまず最初に、そもそもなぜ仕事用とプライベート用のファッションを分けないといけないのかということに関してお話したいと思います。 社会人の方にはもはや常識になっていることですが、社会人ではない方にとってはどうもそれが繋がらないのかもしれません。 そのからくりを、少し紐解いていきたいと思います。

オフィス受けするコーディネートとは

続いては、オフィスに着て行くとしたらどのようなコーディネートがいいのかやどんなコーディネートが周囲の受けがいいのかについてお書きしたいと思います。 一応職場なので、ある程度はわきまえないといけませんが、それでもオシャレに見えるコーディネートがあるのでしょうか。 その辺を見てみましょう。

プライベートでのコーディネート

最後になりましたが、そんなオフィスを離れたとき、つまり仕事ではないプライベートでのコーディネートはどうすればいいのでしょうか。 一見簡単な内容に見えますが、社会人になりたての人がよく抱くお悩みだと思います。 その疑問にズバリお答えいたしましょう。

おすすめリンク

東京の駅近の洋裁教室

仕事帰りに通いやすい、東京にある駅近の洋裁教室をご紹介します。通いやすい所を探してみてください。

なぜファッションを分けるべきなのか

こちらのコラムを読まれている方の中には、仕事に行くときやオフィスで仕事をするとき用のファッションと、プライベートを過ごすときのファッションが分けられているという方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
もしくは、オフィスよっては私服での勤務も構わないというところもあるでしょう。

ですが、やはり今の時点ででも、仕事用のファッションとプライベート用のファッションがしっかり区別されているという社会人の方が大半だと思います。
これは、すでに社会に出ている方には当たり前のことですが、これから社会に出る人やまだ社会に出ていない学生さんにはいまいちピンとこないというのが本音でしょう。
「なんで仕事用とプライベート用のファッションを分けないといけないの?」とか「一緒でも構わないという職場もあるんじゃないの?」などという疑問が浮かんでいるであろうと思います。
もしくは、「ファッション誌を見ると、そんなのあまり関係なさそうな感じもするけどね」という意見もあるでしょう。

そこで今回このコラムでは、そもそもなぜオフィス用とプライベート用のファッションを分けないといけないのかということについてお書きしたいと思います。
また、ここ最近オフィスでもコーディネートの規則がゆるくなりつつありますが、どういう感じのコーディネートだと問題ないのかやプライベートではどんなファッションをすればいいのかについても取り上げていきたいと思います。